早朝の三弦橋

こんにちは。

先日の旅行中にパソコンが故障してしまいブログの編集などができませんでしたが昨日復活したのでまたブログを書いていこうと思います。

普段から更新は遅いのですが。。。

 

Twitterで三弦橋が水面から姿を現したと話題になっており、私も見に行ってきました。

朝3次頃の出発となったため目をこすりながらの運転でした。

この早朝の時間は鹿が多く、道中でも多く鹿が道路にいました。

 

安全運転で鹿に注意をし、5時頃夕張シューパロダムに到着しました。

夜明けが5時7分ですのでちょうど明るくなってきた頃です。

こちらが一発目に撮影した三弦橋です。

f:id:hokkai-nekotaro:20210912204941j:plain

三弦橋自体初めて見ました。

ダムに沈む前に見てみたかったですがこうして一部でも見れることを嬉しく思います。

 

f:id:hokkai-nekotaro:20210912205840j:plain
芦別岳の方向を見る

 

f:id:hokkai-nekotaro:20210912205619j:plain
朝陽が山を照らし稜線が浮かぶ

 

朝5時ということもあって肌寒い。が、私は初めて見る三弦橋に興奮しておりそんなことは気にならなかった。

ただ朝の湿った冷たい風を受けながら写真をひたすら撮る。

 

f:id:hokkai-nekotaro:20210912210627j:plain
望遠で撮る。特徴の1本の上弦材が顔を出している。水中に伸びる鋼材は三角形の断面を伝えてくれます。

 

f:id:hokkai-nekotaro:20210912211349j:plain
早朝の三弦橋

最近は早朝の空、時間が好きです。写真のように日が登ってくる光景は特に。

 

石碑があれば必ずチェックです。慰霊碑と記念碑が並んで立っていました。

f:id:hokkai-nekotaro:20210912212307j:plain

f:id:hokkai-nekotaro:20210912212320j:plain

f:id:hokkai-nekotaro:20210912212337j:plain

石碑は裏も見ると面白いと思います。

 

 

まだまだたくさんの写真を撮影しましたが少しずつ紹介できればと思います。

 

三弦橋から少し離れダムの天端に。

f:id:hokkai-nekotaro:20210912212152j:plain

天端の欄干にはカラスが並んでいる。こんな時間に人が来たぞと言われていたかもしれません。

f:id:hokkai-nekotaro:20210912213034j:plain
天端

 

f:id:hokkai-nekotaro:20210912220040j:plain
大夕張。山と川だけは当時から変わらないのだろう…

 

f:id:hokkai-nekotaro:20210912213205j:plain
夕張川下流を見る。森林鉄道の橋脚が見える。

 

f:id:hokkai-nekotaro:20210912214642j:plain
ダムの右手(右岸)に旧国道のトンネル。

 

f:id:hokkai-nekotaro:20210912214651j:plain
天端から見下ろす。高さが伝わりにくいがかなりの高さ。転落に注意。

 

この時間に夕張を訪れるのは早起きが必要ですがこれもまた綺麗です。

来年もまた三弦橋が見られればなと思います。

 

 

 

ーーおまけーー

夕張シューパロダムから管理用道路を通り道道136号線へ。

堂々136号線は夕張新得線といい夕張と新得を結ぶ道道ですが、夕張シューパロダム建設による付替部分の工事費が多額で工事は中止されたため未開通区間が存在します。

以下の写真は管理用道路と道道の交差点から見た未供用トンネルです。

f:id:hokkai-nekotaro:20210912224518j:plain

グーグルマップで確認するとトンネルは完成していますがその先は未舗装になり橋梁も完成していません。

f:id:hokkai-nekotaro:20210912224330p:plain

 

 

さらに先に車を進め南部の街を少し見ていきました。

f:id:hokkai-nekotaro:20210912225109j:plain

いたるところで家屋が倒壊しています。今年の雪に耐えられなかったのでしょう。

建物が並んでいたと思われる道も草に囲まれるばかり。

鹿も道路の真ん中にいました。自然に還るとはこういうことなのでしょうか。

f:id:hokkai-nekotaro:20210912225528j:plain
親子でしょうか、こちらを警戒しています。

こちらも撮影しました。。。

f:id:hokkai-nekotaro:20210912230336j:plain
この建物の倒壊も近い

 

夕張シューパロダム周辺の様子でした。

 

それでは。

夕陽差し込む廃トンネルと泣く木

栗山町にある廃トンネル。

室蘭本線の下り線として使われていたが土砂崩れにより崩落しそのまま使われなくなり今に至る。

2年前に一度訪れていたが最奥部までは行っていないので今回再度訪れました。

トンネルの前に立つと前回よりも草が伸びて抗口が確認しづらい。

f:id:hokkai-nekotaro:20210705192028j:plain

続きを読む

苫前町であった熊騒動

最近は熊が市街地に出没したというニュースが珍しくありません。

2021年6月18日。札幌市東区に熊が出没し4人が襲われて重軽傷を負い、早朝から熊についての報道がされTwitterでも心配する声が多くありました。熊は最終的に東区丘珠町で駆除されました。

 

その後Twitterのトレンドには三毛別羆事件が。

この事件についてはテレビでも取り上げられたこともあってかご存じの方も多いのではないでしょうか。知らないよ、という方はウィキペディアをご参照下さい。(若干グロテスクです)

ja.wikipedia.org

この事件は1915年(大正4年)12月9日から12月14日にかけて発生した日本史上最悪の熊害(ゆうがい)。北海道苫前郡苫前村三毛別六線沢で発生した。現在は三渓という地名となっている。

熊の話題なれば必ずと言っていいほど話題にあがる話である。

f:id:hokkai-nekotaro:20210701003139j:plain
三毛別羆事件復元地

熊害としてはこの事件が有名であるが実はこの事件以外にも苫前町では熊による騒動があったことをご存知だろうか。

もちろん北海道全域において熊は出没するので特筆することでもないかもしれませんが、そうした開拓の歴史があったことを「苫前町農業史」から紹介したいと思う。

 

続きを読む

留萌の航空写真に写る謎の施設について

 ツイッターで、「留萌の航空写真を見ていると石炭液化工場と思われる工場を発見した」という旨のツイートを拝見しました。

私も以前に航空写真で確認していましたが深く考えていませんでした。

今回はこの施設について考察していきたいと思います。

結論から申し上げると

写真の施設群は北海道人造石油株式会社の留萌工場ではないか?

ということです。

そう思った理由や根拠を書き連ねていこうと思います。

 

続きを読む

赤平炭鉱遺産ガイダンス施設へのアクセス方法

今回は赤平炭鉱遺産ガイダンス施設(以下ガイダンス施設)までのアクセス方法についてです。

 2021年2月22日時点の情報です。ダイヤ改正などによる変更がある可能性があります。

  •  赤平炭鉱遺産ガイダンス施設 概要
  • 札幌から車で行くには??
  • 札幌から公共交通機関で行くには??
    • 10時からのガイド付き見学に間に合うためには…
    • 13時からのガイド付き見学に間に合うには…
  • その他情報

 赤平炭鉱遺産ガイダンス施設 概要

ガイド料金や休館日などの詳細は下記のHPから確認してください。

www.city.akabira.hokkaido.jp

 

ガイダンス施設の住所は赤平市字赤平485番地です。

 

今は便利な時代なのでグーグルマップで検索できてしまいますがガイド付き見学の時間に間に合うようなアクセス方法などがHPにも記載されていなかったので勝手にまとめました。なので、帰りはそれぞれの予定に合わせてご自身で調べて下さい…(なんて不親切な)

 

続きを読む

芦別にもトラスドガーダー橋があった??

先日,芦別森林鉄道を調査していたところ旭沢橋梁でしか確認されていないトラスドガーダーと思われる橋を発見しました.その時Twitterでツイートをしましたがここで改めて整理しておこうと思います.

まず,発見時のツイートを以下に示します.

 

芦別森林鉄道の「霞橋」という橋の写真のようで斜めからの撮影のため構造を詳細に確認することはできませんが,私が見る限りトラスドガーダーに見えます.

 

続きを読む

北海道と沖縄の意外な共通点??

新年明けましておめでとうございます.新年早々ブログを書いてみてるわけですが今回はタイトルの通り,北海道と沖縄の意外な共通点ということで書いてみてます.

きっかけはテレビをなんとなく見ていると,沖縄ではおせちではなくオードブルを食べると放送しており北海道でもオードブル食べてない?と思ったことです.

続きを読む