駒ケ岳の謎の橋台について

最近見かけた森町駒ケ岳の謎の橋台。

場所はここ

goo.gl

 

 

道路を挟んで反対側は木々が生い茂り、橋台等は確認できない。


もう少し広角で撮るとこんな感じ

函館本線のすぐ横なので旧線かな?と思いましたが、ここを立体交差させる意味はあるのか?わざわざ立体交差をやめて踏切にするのか?多分違う。

鉱山等の引込線かな?とも思いながら帰路はモヤモヤしていました。

帰宅後調べてみると、加速線の跡であることが分かりました。

仁山駅にある加速線は有名ですが同様の施設がここにもあったとは。

また、ここには東山駅という駅があったらしく、その駅施設として加速線が存在していた。

わざわざ高架橋にしたのは加速線として一定の勾配にする目的があったのだろう。

 

航空写真から加速線の変化を追ってみよう。

東山駅開業(1943年)の翌年の写真(1944/10/26(昭19))


国土地理院1944/10/26(昭19)航空写真より

 

②さらに3年後の1947/10/17(昭22)


国土地理院1947/10/17(昭22)航空写真より

 

③1948/05/22(昭23)


国土地理院1948/05/22(昭23)航空写真より

 

④1976/05/28(昭51)


国土地理院1976/05/28(昭51)航空写真より

 

⑤1999/09/13(平11)


国土地理院1999/09/13(平11)航空写真より

 

こうして見ると線路跡は以外にも残っていますね。現地ではわかりませんでしたが…

 

こうした橋台などを見ると気になってしょうがない。

また気になった遺構等があったら書きます…(2つほど記事が書きかけです)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

解体間近の曙小学校(+立坑)

こんにちは。

羽幌町曙にある曙小学校が今年解体と聞き、見に行ってきました。

令和4年度  建設工事執行計画書

どうやら解体は6上旬から10月中旬になるそうです。あと1ヶ月ほどしか時間は残されていません。

 

外観写真


正面

 


校舎の痛みが激しい。

 


農機具倉庫として使われている体育館。屋根上の除雪機は有名ですね。

 


横から。正面からみると小さく見えますがこうしてみると意外と大きい。

 


来年には雪で倒壊しそうなくらいボロボロです。

 

ほぼ一年前の曙小学校の写真も載せます。


2021/04/04曙小学校

 

上羽幌方向を撮った写真はほぼ同じ構図。

 

たくさんあった羽幌町の学校跡が解体され現存する校舎も少なくなりました。

形あるうちに記録しておきたいですね。

 

おまけ

羽幌炭鉱にも新年度のご挨拶に寄ってきました。

その前にガソリンスタンド跡に寄り道!


スタンド前から立坑を見る。

夏になればここも藪だらけですから今がチャンス!

 


落葉の時期以外は緑の木々に埋もれてしまう。


この構図は新緑が似合います。


望遠で

 

2021年6月の立坑も載せちゃいます!


スマホ用に16:9にしたもの

私はやっぱり緑の木々から顔出す立坑が好きです。

当時は木がこんなに生えていないので本来の姿ではないけれど、山奥に巨大建設物があるアンバランスさが好みです。

 

夏前に何回か訪問する予定ですので何かあればまた書きたいと思います。

お読みいただきありがとうございました。

 

国道239号 霧立峠トンネルが完成していました

霧立防災事業で掘削していた霧立峠トンネルが完成していました。

f:id:hokkai-nekotaro:20220417220020j:plain

f:id:hokkai-nekotaro:20220417220030j:plain

バリケード等ありませんが、供用前なので立入禁止だと思います。

 

しかし、もう電灯ついてるんですね…

前後の道もまだできていないのに…

 

最近のトンネルという感じでLEDの電灯ですね。

オレンジ色のナトリウムライトは少なくなっていきそう。

f:id:hokkai-nekotaro:20220417220320j:plain
苫前方面

f:id:hokkai-nekotaro:20220417220330j:plain
峠頂上から士別側抗口を見る

f:id:hokkai-nekotaro:20220417220339j:plain

 

【道の駅るもい】『ちゃいるも』が4月29日にオープン!

道の駅るもいに建設中だった屋内交流・遊戯施設『ちゃいるも』が完成したので見に行ってきました。

外観はこちら

f:id:hokkai-nekotaro:20220417210441j:plain

f:id:hokkai-nekotaro:20220417210450j:plain

留萌市のマスコットキャラクターである「かずもちゃん」が大きくデザインされており、建設イメージの落ち着いた雰囲気とは真逆です。

親子のくつろぎの空間、特産品の発信が目的だそうなので良いのかもしれません。

 

留萌管内の各市町村の有名地が描かれていますね。

 

f:id:hokkai-nekotaro:20220417211409j:plain
入り口

f:id:hokkai-nekotaro:20220417211419j:plain
入り口には関係者以外立入禁止の張り紙が



国道の歩道近くには留萌市のデザインマンホールが設置されていました。

f:id:hokkai-nekotaro:20220417210729j:plain

 

スッキリしていて好みです。

 

留萌市留萌本線廃止後、無償譲渡される留萌駅の土地を利用してバスターミナル等を建設する予定らしいので道の駅がある船場町付近を街の中心地として開発する気なんでしょう。

駐車場も拡大されており、大型用の駐車スペースもあるのでさらなる利用者増加を狙っていそうです。

船場公園自体も広く、ドッグランもあるので様々な方が利用できそうです。

留萌市は前向きな考え方として留萌本線の廃止を容認しているのだと感じました。

どうせなら市役所等の行政施設も集めると市民の方も利用しやすいのではないかと思いますがそれだけの面積はないかもしれません。

 

オープン後たくさんの人が来ると良いですね!

小平町の小さな廃トンネル

春の残雪の季節。この季節は生い茂る草木もなく探索にはもってこいです。

そこで、前から気になっていた小平町の廃トンネルを見に行きました。

 

道路のすぐ横にあるのですがこの時期以外は草に覆われ近づきにくいのです。

近くにあるP帯に車を停めトンネルに向かいます。

滝のような水が流れる崖の真下にそのトンネルはあります。

f:id:hokkai-nekotaro:20220417181149j:plain

まずはトンネル正面から

f:id:hokkai-nekotaro:20220417181215j:plain

トンネル右部は法枠工によって削られています。

第一印象はトンネル幅員が狭い!

おそらく国道の旧道になると思いますが車1台がやっとではないでしょうか。

当時は現道があるところには岬のように岩が張り出しており内陸側にトンネルを掘ったのではないかと思います。

 

海側から

f:id:hokkai-nekotaro:20220417181355j:plain

何か赤茶色のものが見える

f:id:hokkai-nekotaro:20220417181449j:plain

レンガ!?

もしかするとトンネル覆工の一部ではないか?

なんだか良いものを見れた気分です。吹付工がされていたら確認できなかったでしょう…

抗口はコンクリートだったのですが内部はレンガ造りだったのかもしれません。

 

稚内側の抗口は確認できるもの、留萌・札幌側の抗口は確認できません。

盛土されたような箇所があるのでそこが抗口だったのか、それとも法枠工ので潰れてしまっているのかは定かではありません。

f:id:hokkai-nekotaro:20220417181611j:plain
写真左が盛土されたように見える。

f:id:hokkai-nekotaro:20220417181701j:plain
留萌側から抗口は確認できない。脆そうな地質です。



 

で、このトンネルって何という名前なんだ?と思いますよね。

ちゃんと一部ではありますが銘板がトンネル上部に残っています。

どれどれ、君は何という名前なんだい?

と見てみると

f:id:hokkai-nekotaro:20220417181820j:plain

 

読めない

古いトンネルですし右読みなんでしょう。

一番左から留袮??と読めますがこれは変体仮名で「るね??」なのでおそらく「る

ねんと」=とんねると書いてあると予想できます。

変体仮名はこちらで調べました⇩

変体仮名を調べる 五十音順一覧2

 

頑張って解読したものの分かったのは「??とんねる」ということ。

肝心なところが分からん!!

このトンネルが位置しているのは小平町花岡なので「はなおかとんねる」だったりするのかな。

この辺りは文献調査するしかなさそうです。

近年の線形改良等で国道の廃トンネルはかなりありますがこれだけ古そうなものは中々見ません。

P帯もあるので気になった方は見に行ってみては!(くれぐれも車には気をつけて)

 

ーーーーー2022年6月2日追記ーーーーーーーーーー

ブログ公開後トンネルの名前についていくつか意見を頂きました。ありがとうございます。

そして、なんとトンネルの名前が明らかになりました。

その名も真砂トンネル

他のサイトでも真砂トンネルであると紹介されていることは確認していましたが、本日、正式に判明しました。

こちらをご覧ください。


5万分の1地質図『鬼鹿』1956(S30年度)工業技術院地質調査所 発行 より

上の方に…

1956年(昭和30年)の地質図に載っていました!

さらに、驚いたのは真砂トンネル断層という断層の名にもなっていたのです。

国が発行した地図ですのである程度信頼性のある情報であると思います。

 

地質図を見ていたらたまたま発見したものですが、地質図を眺めるのも面白いですよ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

石狩の巨大漂着物を見てきた

先日テレビ等で話題になった石狩の巨大漂着物を見てきました。

 

まずは写真を

f:id:hokkai-nekotaro:20220416234109j:plain

 

実際見るとやはりデカいです。

この漂着物と同じものが留萌の三泊地区にもあるのですが、そちらは車からしか見られませんでした。

橋の欄干等と見比べるとそのスケール感が分かると思います。

f:id:hokkai-nekotaro:20220416234452j:plain

漂着物と一緒に海岸線を撮った写真ですが、夕日も相まっていい景色です。

そのうち撤去されるはずなのでこの景色も一時のものになるでしょう。

 

この漂着物があるのは石狩市浜益地区床丹という場所です。

山側に駐車スペースがあります(お食事処だったようです、今は使われている様子はないですが駐車時間は最短にしましょう、、、)

f:id:hokkai-nekotaro:20220416234959j:plain
漂着物は第3床丹橋にあります

f:id:hokkai-nekotaro:20220416235009j:plain
ギラリと海が光る



そういえばブログの更新が10月31日から止まっていて広告が表示されるようになっていました…

色々と忙しくて更新できませんでしたが少しずつちょこちょこと書いていくつもりです。

以前のような文量ではないと思いますが書かないよりはマシ?と思ってやっていきます^^

 

お読みいただきありがとうございました。

このブログを初めて約1年

こんにちは。

このブログを初めて約1年となりました。

確か始めたのは10月25日だったと思いますが…

 

更新頻度は平均すると月に1度あるかないかと言ったところですがこれからものんびり好きなことを書こうと思います。

今少し悩んでいることは廃線や廃道、炭鉱、郷土史などをメインに書こうと作ったブログですが個人的に思ったことや感じたことを書くためのブログも書こうかなと思ったりしています。

このブログや私のTwitterを見て頂いている方の多くは炭鉱などに興味がある方が多いと思うのでそういった人たちに聞きたくもない別の情報が届くのもあれなので別アカウントで作成すると考えています。

もっと言うとこのブログやTwitterに紐付けしないでやろうと考えています。

 

話がまとまりませんでしたがこれからもよろしくお願いします。