釧路港の石炭荷役施設

今回は釧路港(西港区)の石炭荷役施設について。

 

なんとなく西港周辺をグルグルとドライブしていると大きな船と明かりが見えたので近づいてみました。

遠くから見える第4埠頭の明かり。手前には堀松建設の移動式浮きドックがある。

近くまでくると第1埠頭から第3埠頭までは車一ついなかったのですが、大型ダンプが第4埠頭から出たり入ったりしてます。

これは気になる。交差点を埠頭の方へ曲がる。

すると、眼の前に大きな船が煌々と照らされ、その下へとダンプは向かっています。

 

ダンプの通行を妨げない場所に車を停め、徒歩で近づいていみることにします。

恐らくダンプの運転手からは不思議というか怪しさマックスだったと思います。夜中に人が歩いているような場所ではないですので、、

アンローダ

赤い大きな機械が目に入ります。最初、船の一部だと思っていましたが港の荷役施設のようで、「チェーンバケットエレベータ式アンローダ」というらしい。

三ツ輪運輸㈱のHPによると1時間で1200tの石炭を荷揚げできるとのこと。港湾荷役|三ッ輪運輸株式会社 (mitsuwa-co.com)

アンローダと検索するとIHI運搬機械㈱の紹介ページを見つけました。 2003年6月27日の日本海事新聞にアンローダ受注との記事があります。

石播/石炭荷役用アンローダー受注。釧路港向け受注、20億円
 石川島播磨重工業は26日、釧路市から釧路港西港区第4埠頭向けに石炭荷役用の連続アンローダー1基(バケットエレベーター式、荷揚げ能力毎時1200トン)、石炭搬送用コンベヤーほか付帯設備一式をフルターンキーで受注したと発表した。受注金額は約20億円。2004年10月に稼働する予定。石播はこれまで、釧路港第4埠頭向けに連続アンローダー1基、穀物荷役用の連続アンローダー3基を納入した実績がある。石播/石炭荷役用アンローダー受注。釧路港向け受注、20億円|日本海事新聞 電子版 (jmd.co.jp)

また、IHIからも2004年9月30日付のプレスリリースで搭載完了とあります。

www.ihi.co.jp

HPには能力が2700tと書いてあるけどどちらが正しいのか…実際の運用が1200tということか

クチバシのようなバケットを輸送船に入れて石炭を荷揚げするのでしょう。

船からアンローダで荷揚げされた石炭はダンプへの積み込み施設にベルトコンベアで移動しているみたい。

荷役施設(ポケット)とアンローダ

石炭をダンプに積み込む様子を見学。これも怪しい人に見えたに違いない(入口の警備員さんが乗っていると思われる車が停まっていましたが、何も言われていないので問題はないでしょう)

この積み込み施設はGoogleマップには石炭荷役機械ポケットと書いてある。廃鉱のポケットは見たことありますが、現役のポケットは初めてかもしれない。

レーンは4つあるがこの日は2番のレーンのみ使用していた。

ダンプが一台ずつポケットに入ると、蓋が開き石炭が積み込まれる。積み込みが進むと、スキーリフトの音に似たチャイムが鳴り、ダンプは少し前進する。このチャイムが鳴る度に、ダンプトラックは前進を繰り返す。なるほど、排雪と同じ要領だ。ポケットの搬出口は動かないのでそのままだと偏って入ってしまうので、ダンプがいい感じに前進して、いい感じに積み込まれている。

ダンプの前進距離はどこかに示されているようには思えないけども、上記のとおりいい感じにやっているのだろうか。

よーく見るとチャイムだけではなく信号も青が点灯している。上から何かしらの方法で積載状況を把握して指示しているのかな。

満載になるとチャイムがプルル、プルルと2回鳴る。すると、ダンプはホッパーを出て貯炭場へ向かいました。

ホッパー下に待機するダンプ(後方より撮影)

ホッパーから積み込まれる石炭

ホッパーから積み込まれる石炭(前方より撮影)

満載になり閉じたホッパー

ホッパーを見ると炭鉱でよく見る漏斗の形をしていて、なんだか少し興奮した。眼の前でリアルタイムで積み込む姿を見られるのは嬉しい。

ホッパー

この日石炭を運んできた船は「YONG HONG ZHOU」という名前らしい。いかにも中国という名前である。船籍はパナマらしい。もっと調べてみるとロシアのナホトカから来たようです。ナホトカは小樽市姉妹都市になっていて極東最大の港とのこと。シベリアに抑留されたの多くはナホトカ港から帰国した。

船名

石炭を積んだダンプは、星が浦にある新太平洋商事の貯炭場に運んでいく。

石炭の運搬は三ツ輪運輸が行い、管理・販売は太平洋商事が行っているのか?そのあたりは分かりません。

※新太平洋商事㈱は2020年4月1日以前は太平洋石炭販売輸送株式会社という社名でした。社名変更は釧路臨港鉄道の廃止によって石炭輸送が無くなったことによります。

星が浦の貯炭場

 

北海道各地の港で石炭の輸入は行われていますが釧路のように大型の荷役設備がある港はないのでは。(他にもあったら教えてください)

釧路には日本唯一の坑内採炭を行っている釧路コールマインもあり、炭鉱に興味のある人には一度は訪れていほしい街ですね。

三笠などでは炭鉱遺産として廃鉱を活用していますが、現役の炭鉱や石炭に関わる仕事に目を向けてみることも大事だと思います。

 

※動画も撮影したので編集して投稿しようと思います。

北海道の戦前の橋「岡山橋」について

岩見沢市道にあるアーチ橋。国道12号から水色の橋をみたことがある人もいるかもしれません。橋の名前は「岡山橋」と言います。

この橋はとても歴史のある橋で、道内に現存する数少ない戦前に建設された橋として有名です。一番の特徴はソリッドリブ式タイドアーチ形式で初めて建設された橋梁であることです。(道内で)

まず、ソリッドリブというのはアーチ部材はI桁鋼材や箱型鋼材でできていることを指します。そして、タイドアーチというのは「タイ」という部材でアーチを結んでいる構造です。そもそもアーチ橋というのは水平反力が大きく、それに耐える基礎や地盤が必要です。イメージで言うと、柔らかい定規を親指と人差指でギュッと縮めると指に戻ろうとする力がそれです。

(出典:Wikipedia「アーチ橋」よりアーチ橋 - Wikipedia

岡山橋がある地域は泥炭地であり、地盤は良くありません。そこで、タイドアーチという形式が選ばれました。定規の例でいうと、定規の両端に輪ゴムをくくりつけると外に開こうとする力を輪ゴムが受け持ちます。この輪ゴムがタイ部材にあたります。

形式の解説はこのあたりにして、この橋の歴史を紹介しますと、建設時は国道12号の橋梁として利用され、その後1969年(昭和44年)に国道の切り替えにより旧国道(市道東岡山線)となりました。一時は老朽化で通行止めになった時期もあったようですが、補修され現在に至ります。2023年現在、87歳になります。

この橋の設計者も有名な方で、高橋敏五郎という方です。この橋の設計よりも国道36号線、通称”弾丸道路”建設を指揮したことで有名です。(当時札幌開発建設部部長)他にも”木コンクリート橋”にも関わりがあり、北海道の道路史と切っても切れません。

諸元等

橋梁名:岡山橋(おかやまはし)

竣工年度:1936年(昭和11年

形式:ソリッドリブ式タイドアーチ橋

橋長:55m

幅員:7.5m

交差物:幾春別川

 

地図

岡山橋は現国道12号の東側に位置しています。


右上の岡山神社から続く道が旧国道です。

goo.gl

 

参考に、1962年(昭和37年)の航空写真を記載します。


地図・空中写真閲覧サービスより「MHO622 1962/06/12(昭37)」を編集。

https://mapps.gsi.go.jp/maplibSearch.do?specificationId=378161

 

現地写真

①岡山橋を三笠市方より撮影

 

岩見沢市方より撮影

 

③遠景より。この角度から見るアーチ橋は美しいですね。

 

④銘板1「をかやまはし」

「お」ではなく「を」であること、右横読みが歴史を感じさせます。あと、この銘板は親柱についていたものを移設したのだろうか。親柱は補修の際に撤去されていますが・・・

 

⑤銘板2「昭和11年6月竣工」

 

⑥④の橋名板の横には選奨土木遺産のプレートが付いています。

後ろに見える緑の橋が現国道12号の岡山橋です。

 

通行止め時には解体の噂がありましたが、このように綺麗な状態で令和の現在に存在していることは嬉しいことです。

意識していないと通り過ぎてしまいますが、ちょっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

夕張市の橋梁撤去予定ついて

こんにちは。気がつけば2022年もあと数日になりました。

 

今回は夕張市の撤去予定の橋梁について紹介したいと思います。

https://www.city.yubari.lg.jp/gyoseijoho/shisakukeikaku/kakusyukeikaku/ybrshuzenkeikaku.files/2022keikaku4.pdf

 

夕張市橋梁長寿命化修繕計画によると、通学橋、鹿の谷橋、登川山手線跨線橋若水橋(上り・下り)の5橋が撤去予定となっています。

 

各橋の詳細については以下のとおりです。

通学橋

場所:若菜通学線

種類:鋼橋

径間:1径間

橋長:21m

全幅:4.8m

架設年:1967年

2027年年度設計、2029年度撤去

鹿の谷橋

場所:鹿の谷3丁目線

種類:鋼橋

径間:1径間

橋長:20.44m

全幅:3.7m

架設年:1967年

2029年度設計、2030年度撤去

登川山手線跨線橋

場所:登川山手線

種類:鋼橋

径間:1径間

橋長:21.4m

全幅:4.3m

架設年:1973年

2024年度設計、2026年度撤去

若水橋(上り)

場所:清水沢市街本通線

種類:鋼橋

径間:1径間

橋長:17.8m

全幅:6.5m

架設年:1952年

2023年度設計、2024年度撤去

若水橋(下り)

場所:清水沢市街本通線

種類:鋼橋

径間:1径間

橋長:18.97m

全幅:5.0m

架設年:1973年

2023年度設計、2025年度撤去

 

若水橋(上り)の1952年(昭和27年)架橋というのはすごいですね。ここは橋名にはありませんが、跨線橋なのでJRが廃止された今、修繕する必要はないですね。

ただ、撤去すると若菜方面への移動ができなくなるので、盛土で新規道路を作るのかなと思います。清水沢市街側にある清水橋は廃橋にする予定がないので、たぶんそうなんだと思います。

夕張市だけではなく全国の市町村では橋の修繕にかかる費用が大きくなっているので、橋の集約化が進んでいます。これらの橋も代替路があることから撤去の判断をしたのでしょう。

直近の撤去予定は若水橋(上り)が2024年度にあるので、2023年中に記録したいですね。

そういえば、大黒橋は通行止めになっているけど撤去の予定はないのでしょうか。通行止めにしているし、橋の先になにもないので急いで撤去する必要がないのでしょうか。

 

いろんな市町村で橋梁長寿命化修繕計画があるので覗いてみると面白いですよ!

最後の冬が始まる 【留萌本線:峠下駅】

突然やってきた冬。

 

もちろん峠下駅も真っ白に


駅前の山。大粒の雪が深々と降る

 


構内の除雪作業

 

一日数人の利用しかない駅でも維持には相当のお金や人員が必要なことがわかる。

 

峠下駅の待合室には除雪機が置いてあって、それを使っていました。

構内側の扉は開きっぱなしでしたね。

 

 

90mmの単焦点しかカメラにつけてなかったので、切り取り方が厳しい…個人的にはきらいじゃないけど。

 

スノーシューの季節だなぁ・・・

廃止の前倒しが国土交通省により容認され、廃止まで残り4ヶ月です。

留萌駅は解体だろうし…

でも、うだうだ言っても変わらない。


今ある景色を記録できればと思います。

 


11月末撮影 峠下駅にて

駒ケ岳の謎の橋台について

最近見かけた森町駒ケ岳の謎の橋台。

場所はここ

goo.gl

 

 

道路を挟んで反対側は木々が生い茂り、橋台等は確認できない。


もう少し広角で撮るとこんな感じ

函館本線のすぐ横なので旧線かな?と思いましたが、ここを立体交差させる意味はあるのか?わざわざ立体交差をやめて踏切にするのか?多分違う。

鉱山等の引込線かな?とも思いながら帰路はモヤモヤしていました。

帰宅後調べてみると、加速線の跡であることが分かりました。

仁山駅にある加速線は有名ですが同様の施設がここにもあったとは。

また、ここには東山駅という駅があったらしく、その駅施設として加速線が存在していた。

わざわざ高架橋にしたのは加速線として一定の勾配にする目的があったのだろう。

 

航空写真から加速線の変化を追ってみよう。

東山駅開業(1943年)の翌年の写真(1944/10/26(昭19))


国土地理院1944/10/26(昭19)航空写真より

 

②さらに3年後の1947/10/17(昭22)


国土地理院1947/10/17(昭22)航空写真より

 

③1948/05/22(昭23)


国土地理院1948/05/22(昭23)航空写真より

 

④1976/05/28(昭51)


国土地理院1976/05/28(昭51)航空写真より

 

⑤1999/09/13(平11)


国土地理院1999/09/13(平11)航空写真より

 

こうして見ると線路跡は以外にも残っていますね。現地ではわかりませんでしたが…

 

こうした橋台などを見ると気になってしょうがない。

また気になった遺構等があったら書きます…(2つほど記事が書きかけです)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

解体間近の曙小学校(+立坑)

こんにちは。

羽幌町曙にある曙小学校が今年解体と聞き、見に行ってきました。

令和4年度  建設工事執行計画書

どうやら解体は6上旬から10月中旬になるそうです。あと1ヶ月ほどしか時間は残されていません。

 

外観写真


正面

 


校舎の痛みが激しい。

 


農機具倉庫として使われている体育館。屋根上の除雪機は有名ですね。

 


横から。正面からみると小さく見えますがこうしてみると意外と大きい。

 


来年には雪で倒壊しそうなくらいボロボロです。

 

ほぼ一年前の曙小学校の写真も載せます。


2021/04/04曙小学校

 

上羽幌方向を撮った写真はほぼ同じ構図。

 

たくさんあった羽幌町の学校跡が解体され現存する校舎も少なくなりました。

形あるうちに記録しておきたいですね。

 

おまけ

羽幌炭鉱にも新年度のご挨拶に寄ってきました。

その前にガソリンスタンド跡に寄り道!


スタンド前から立坑を見る。

夏になればここも藪だらけですから今がチャンス!

 


落葉の時期以外は緑の木々に埋もれてしまう。


この構図は新緑が似合います。


望遠で

 

2021年6月の立坑も載せちゃいます!


スマホ用に16:9にしたもの

私はやっぱり緑の木々から顔出す立坑が好きです。

当時は木がこんなに生えていないので本来の姿ではないけれど、山奥に巨大建設物があるアンバランスさが好みです。

 

夏前に何回か訪問する予定ですので何かあればまた書きたいと思います。

お読みいただきありがとうございました。

 

国道239号 霧立峠トンネルが完成していました

霧立防災事業で掘削していた霧立峠トンネルが完成していました。

f:id:hokkai-nekotaro:20220417220020j:plain

f:id:hokkai-nekotaro:20220417220030j:plain

バリケード等ありませんが、供用前なので立入禁止だと思います。

 

しかし、もう電灯ついてるんですね…

前後の道もまだできていないのに…

 

最近のトンネルという感じでLEDの電灯ですね。

オレンジ色のナトリウムライトは少なくなっていきそう。

f:id:hokkai-nekotaro:20220417220320j:plain
苫前方面

f:id:hokkai-nekotaro:20220417220330j:plain
峠頂上から士別側抗口を見る

f:id:hokkai-nekotaro:20220417220339j:plain